秋のバザー
10月最終日曜
教会の信徒だけでなく、教会の敷地を活動拠点としているボーイスカウトの協力をいただき、バザーを行っている。
教会メンバーが、お赤飯、お弁当の販売などを担当し、ボーイスカウトの子どもたちは、工夫を凝らした出店を設けている。また、ボーイスカウトのお母さんがたは、焼きそば、カレーなどを販売している。そのほか、手芸品、リサイクル品を販売。
教会学校では、おもちゃの釣れる釣り堀などを開いたり、信徒会館の奥には、ちょっとくつろげる喫茶コーナーもある。
益金の一部は、パレスチナ救援のNGOなど、いくつかの団体に献金。

死者の月
11月第1土曜
仏教のお盆の風習のように、先祖の墓参をしたり、死者のために祈る月。ある年の荻窪教会の墓参の様子はこんな感じでした。

・朝、荻窪教会を出発。
・カトリック五日市霊園に到着、荻窪教会共同墓地の墓前ミサ(2009年11月7日撮影)。
神父説教のなかで、『亡き人を悲しむだけではなく、天の国の人にお取次ぎを願う』『神はいつも、奪うものではなく与えるものである、天の国へ迎え入れてくださる』などの言葉。

その後、府中のカトリック墓地にも墓参、荻窪教会に戻り、解散。