初めての方へ



ミサ・講座など 期日 時間 担当・備考
主日のミサ 毎週日曜日 10:00 第3週 手話通訳・要約筆記付き
信徒による勉強会 第1日曜日 10:00ミサ後〜 加藤栄一 第3地区の集会後(B室で)
信徒による勉強会 毎週木曜日 19:00〜20:00 水谷安江
信徒による勉強会 第2・第3日曜日 10:00ミサ後〜 盛岡英子
教会学校 毎週日曜日 10:00ミサ後〜 幼稚園から高校生まで 第4・第5はお休み


はじめて教会へ来られたかたへ

 ようこそ、あなたを こころから歓迎いたします


ミサの祈りがおこなわれているとき、どなたでも出席できます。聖堂の後方の机の上から「荻窪教会週報」と、書棚から典礼聖歌集をとって、お好きな席にお座りください。


<ミサとは>
 イエス・キリストは、死を迎えられる前の晩、最後の晩餐のときに、パンとぶどう酒の杯を取り、弟子たちに与えて
「これは、あなた方のために渡される私のからだである。これは私の血である。これを私の記念として行いなさい。」
といわれました。
 その時以来、教会ではキリストが命じたとおりに、最後の晩餐の式をくり返して行ってきました。このことによって、キリストの十字架上の死とその復活とを記念し、人類の救いのために命を捧げられたキリストに心を合わせます。
 ミサでは、まずキリストの教えを聞きます。そのため、聖書の朗読と司祭(神父)の説教があります。その後に、パンとぶどう酒の聖変化の祈りがあり、続いて、信徒が列をつくって祭壇の前に進み、キリストの体と血として、小さなパン‐聖体‐(と、ぶどう酒‐御血‐)を頂きます。
 洗礼を受けていない方は、お望みなら、ともに列に並び司祭の前で「祝福をお願いします」といわれますと、司祭があなたを祝福してくださいます。


*ミサの間、参加者が起立したり聖歌を歌ったりしますが、いっしょに立たれても座ったままでも、ご自由になさってください。
* ミサなどの式がないときでも、いつでも聖堂にお入りください。静かな祈りや瞑想のひとときをお過ごしになってはいかがですか。

 「祈り」は神との対話であり、また私たちの心の中の自分自身にすなおに思いをめぐらし、神の恵みをそこに見出すことでもあります。


『疲れた者、重荷を負う者は、だれでも私のもとに来なさい。やすませてあげよう。』
(マタイによる福音書11章28節)